Shiunからの手紙

Live different.

ご縁がご縁をよぶ旅

Day 19:巨城镇(juchengzhen)→ 阳泉市(yangquanshi)= 23.3km

 
昨日泊まった中国の古民家の宿で、夜中に同じ部屋の3つあるベットに別の客が入ってきたり、部屋の環境にあまり熟睡できず、何度か目を覚ましながら7時に起きた。
 
f:id:SHIUN:20140628083713j:plain
宿泊した古民家は、この家の代々が住みついてきた、軽く100年以上も年期のある石造りとレンガの家だった。
 
f:id:SHIUN:20140628084329j:plain
宿泊した部屋の外見。
 
f:id:SHIUN:20140628084532j:plain
部屋の中でくつろぐ。
 
起きてから、まだ寝てる同じ部屋のおじちゃんを起こさぬよう、そっと準備をして8時半に宿を出て、朝ごはんを食べてから、昨日の晩に仲良くなった別の宿兼レストランの女将と、町人に挨拶にいって巨城の町を後にした。
 
f:id:SHIUN:20140628084030j:plain
友人から中国人顏になってきたと褒められた?が、どうだろうか。
 
歩き出してからまもなく、昨日に引き続き今日もまだ開通してない高速道路に入れる抜け道を発見して、一人高速道路をまた行くことにした。
 
f:id:SHIUN:20140628085006j:plain
車が通らない、広々とした未開通の高速道路。
 
f:id:SHIUN:20140628094716j:plain
途中高速道路を歩いてると、一匹の子犬がどこからともなく現れて、一人と一匹で高速道路のお散歩を楽しんだ。
 
一時間ほど歩いたら高速道路がなくなり、省道315から国道207を歩いて今日の目的地の山西省三大都市、阳泉市を目指す。
 
そして今日も新たに一人友達ができた。お昼に軽食を買おうと立ち寄った超市(日本でいう地方の小さいコンビニ)で、店主の闫(ヤン)さんと仲良くなり、買った軽食を食べながら、色々話し出した。
 
僕は新しい人と出会った際、気をつけている三つのことがある。それは、相手への興味を示す、自分の素性を隠さない、相手の目をしっかり見て話をするという三つの点だ。
 
中国で、日本人であることは、できる限り言わない方がいいと多くの人から言われるが、僕は自分がいま日本人であることを必要以上に隠さない。そして自分が中国生まれで、アメリカに留学に行った経験があることなども包み隠さず話す。もちろん、出会ったすべての人に話すわけではないが、仲良くなりたいと思った人には自分のことを隠さずさらけ出す。なぜなら、やはり素直で自然な自分でいることが相手に安心感を与え、すぐに誰とでも仲良くなれるからだ。
 
結局一時間以上お店に居座って、32歳のコンビニ店主ヤンさんとの会話を楽しんで、店を出る間際に連絡先を交換した。
 
その後、店を出発して、さらにもう二時間ほど歩いて阳泉市内にちょうど到着する間際、信号待ちのトラックの横を通り過ぎようとすると、クラクションを鳴らされた。何事かと思って振り返ったら、トラックの運ちゃんから「どこまで行くんだ」と聞かれて、今日はこの街までと伝えると、これをやると飲み物を車内越しに頂いた。
 
f:id:SHIUN:20140628101845j:plain
 
「頑張れよ」と励ましの一言をもらい、市内に歩いていきながら手を振った。苦労がある旅では、本当に心優しい方によく出会う。感謝。谢谢。
 
そしてちょうど市内に入ってまもなく、今度は先ほど友達になったコンビニ店主のヤンさんからメッセージが届いて、無事阳泉市内に到着したことを伝えると、市内でオススメの安くてよい旅館を紹介してくれた。
 
f:id:SHIUN:20140628105335j:plain
 
f:id:SHIUN:20140628105345j:plain
かなり栄えている阳泉市中心部
 
その旅館がある地域まで市内の中を歩いていって、都市ではかなり安い一泊50元(約800円)まで値下げしてもらい、綺麗で快速インターネットが使える快適な旅館に二泊宿泊することにした。
 
f:id:SHIUN:20140628105358j:plain
 
この都市に一日留まることにしたのは、以前逆ヒッチハイクで乗せてくれたファンさんが紹介してくれた友人に会うためだ。
 
まさにご縁がご縁をよぶ旅をしている。
 
今日は旅館の部屋で、朝からのんびりしながら、旅好きで中国内を色々旅してるファンさんの友人に、今夜会うのが楽しみだ。
 
Total: 371.6 + 23.3 = 394.9km
 
 
 
しうんより