Shiunからの手紙

Live different.

あと二日で到達

Day 180:禄丰(lufeng)- 土官(tuguan)= 34.7km

 
昨晩はあと三日とゴールを目前にして、なかなか寝つけず、夜中に何度か目が覚めた。思い返せば、この旅がはじまった当初も緊張状態で寝れなかったり、朝早く起きたりした。
 
北京を出発したての頃は、毎日泊まる旅館を探すのに手こずった。北京付近は外国人お断りの宿が多く、何軒もの宿に電話したり、訪ねては宿泊拒否される体験をした。
各省によって、管理体制は異なるが、宿泊許可を求めるために警察署にも何度も足を運んだ。ほとんどの場合、それでも結局安宿には泊まれず、警察が外国人の宿泊を許可する街で唯一の「四つ星高級ホテル」にパトカーで送迎してもらったこともある。
 
今となってはいい経験だ。
 
 
今朝は8時ちょい過ぎに目が覚めて、急いで起き上がって朝飯を食べに出かけ、戻ってから準備をして9時に旅館を出た。
 
今日はあと三日で昆明に到着するために、35kmの歩行移動を自分に課した。
 
天候は曇りで朝は寒く、しっかり着込んで白い吐息を吐きながら歩き出した。
 
f:id:SHIUN:20141205213145j:plain
多くの地元の人が、朝の散歩に訪れる川沿いの小道をまずは歩いていった。
 
しばらく歩いて、昆明まで続く国道320に戻り、太陽を正面に東南の方角へと進んでいく。
 
f:id:SHIUN:20141205213858j:plain
あまりにも眩しい時は、丸い中国風のサングラス愛用している。
 
午後1時近くまで歩いたところで国道沿いに飯屋が現れたため、長い午後の道のりでガス欠にならないよう、今日のところはお昼ご飯をしっかり食べることにした。
 
f:id:SHIUN:20141205214416j:plain
卵と苦菜の炒飯。
 
ここ最近、お昼は軽食で済ませるのが習慣化されてきているため、炒飯とビールでかなりお腹が膨れた。あまり食べ過ぎると歩きづらくなるし、お腹が減りすぎても歩けなくなるので、お昼はほどほどに食べるのがベスト。
 
お昼ご飯を食べ終え、少し休憩して、午後1時半から歩行を再開。この時点で、あと19kmの道のりが残っていた。
 
午後には気温が上昇してさらに上り坂に突入し、暑くて上は半袖Tシャツ一枚になった。
 
何度か短い休憩を取りながら、くねくねとした上り坂を登っていった。この上り坂で、いつもより早めに足が疲れて痛くなり出したが、今日とあと二日歩けばゴールだと思うと頑張って歩けた。
 
歩行距離が30kmをこえ最後の5kmは、足の痛みを我慢しながら、道端に1km毎にそびえ立つ石標をまだかまだかと待ちながら、午後6時過ぎにやっと目的地の街にたどり着いた。
 
f:id:SHIUN:20141205211256j:plain
 
もうクタクタで、道沿いに現れた一軒目の宿に目星をつけ、一泊40元(785円)と普段より若干割高だが、もう最後だしと思い、少し太っ腹になった。
 
f:id:SHIUN:20141205221716j:plain
 
 
これで、残すところはあと二日。
昆明まではあと65km。
 
よし、明日も33km頑張ろう。
 
Total: 2885.9km
 
 
 
しうんより