Shiunからの手紙

Live different.

河北省を越え、山西省へ

Day17:天长(tianchang)→ 娘子关镇(niangziguanzhen)= 22.9km

朝目覚ましは基本かけず、自然に起きてるのだが、今日は6時半に目を覚ました。朝のルーティンをこなし、8時半過ぎに旅館を出発。

今日から国道G307を外れて、昨日の逆ヒッチハイクで知り合ったファンさんから教えてもらったS315という道を三日間かけて歩いていくことにした。

国道より道は狭くなり、さらに引き続き石炭を運ぶトラックが次から次へと真横を通り過ぎていく山道を上下左右、トラックに引かれないよう注意しながら悠々と歩く。

http://instagram.com/p/pqawGsQEq7/

山岳地帯の美しい風景


http://instagram.com/p/pqbNmQwErY/

Truck washing lady.

洗車と書いてある看板をよく見かける中、埃にまみれたトラックを高圧で洗う女性。


今日は途中から小雨が降り出し、大雨にはならなかったため、涼しくて歩きやすい環境だった。何度か休憩を取りながら、使われてないガソリンスタンドで休んでいて、ふと横を見ると一台のパトカーが止まった。まさかの初職質か?!と一瞬焦るも、どうやら別件で止まったらしく、何をしているか聞かれて徒歩で旅をしている趣旨を伝えると、特にそれ以上身分証の提示などは要求されなかった。色々旅の質問は受けて、終いにはペットボトルの水を一本くれて、徒歩の旅の安全を祈願してくれた。僕がこの旅で出会ってきたのは、本当にいい人ばかりだ。

いちど歩き出すと、あまりお腹が空かなくなるため、お昼はいつもコンビニで買ったお菓子や菓子パンと飲み物だけで済ませているのだが、今日はちょっとした出会いから、お昼をレストランで食べることにした。

今度はまた別のガソリンスタンドの近くを通り過ぎようとしたとき、ガソリンスタンドにいた一人の人に話しかけられた。その人と少し話をして、すぐ近くで小さなレストランをやってると聞いて、すでに午後一時を過ぎていて、ちょうどお昼もまだ何も食べてなかったから、立ち寄ってそこでお昼ご飯を食べた。

こうしたちょっとした出会いやご縁を頼りに旅するのが、やはり旅の醍醐味だと思う。自分の運とご縁に導かれて、出会う人や、モノや、コトは面白い。

お昼ご飯を食べ終え一休みして、もう一歩きして、いよいよ今日はこの二週間近く歩いてきた河北省を越えて、山西省に突入した。

河北省と山西省のボーダーを超える際の記念に一枚。

相変わらず山西省でも続く山岳地帯の、娘子关镇という小さな街に今夜は宿泊している。

明日もまた山道をゆく。

Total: 331.3 + 22.9 = 354.2km



しうんより