Shiunからの手紙

Live different.

中国徒歩横断中の一人と一匹のご縁

Day 26:东阳镇(dongyangzhen)→ 太谷县(taiguxian)= 20.8km

今朝は7時前に目を覚まし、もう一日滞在するか先を行くか考え、先に進むことにした。昨晩は、仲良くなった旅館主の息子で同年代の赵起くんがご飯に誘ってくれて、旅館の庭で晩御飯をご馳走になった。

朝準備をして、友達に今日旅立つことを告げて、お世話になった赵起くん一家に挨拶をして、旅館を後にした。

今日も朝からいくつかのご縁が訪れた。歩き出して間も無く、二台の車から逆ヒッチハイクされた。徒歩の旅してることを伝えて、お礼を言って乗車は断った。そして国道沿いを歩いていると、今度は反対車線から、一匹の子犬がこっち車線に渡ってきた。一瞬その子犬と目があって、それから、その子犬が僕の後を付いてきた。

f:id:SHIUN:20140704213735j:plain

初めは気のせいかなと思ったけど、何度もこっちを見てきて、僕が歩いてる後を来たり、前に少し出てちらっと僕のことをみてくる。中国では犬の散歩中でも首輪をつけないのだが、周りに飼い主もいないようだし、ずっと僕の後を付いてくる。

よし、それなら僕と一緒に中国を徒歩で横断しよう!と新しい友達の子犬に“小黑”というあだ名をつけて、一緒に国道沿いを歩いた。僕のことを見てくる小黑を、僕も見返した。もうすでに僕たちは友達だった。旅で人との出会いはご縁だけど、動物との出会いもご縁なのだと小黑に出会ってわかった。

僕が自分で中国を徒歩で横断することを選んだように、小黑も自分で僕と一緒に旅することを選んだ。自由な一人と一匹。でも、小黑は僕がどこまで歩いていくのか知らないだろうから、心配になって中国語で僕はすごく遠い所に行くんだよと言って聞かせた。それでも小黑が付いてくることを選ぶなら、一緒に中国徒歩横断してもいいと思った。僕が自由であるように、小黑が付いてくるのも自由だ。

小黑はとても可愛らしくて、僕を惹きつけた。後ろにいる時は何度も振り返りながら、まだ付いてきてるか確認した。小黑はどこまでも付いてくるかのように思えたが、一時間ほど一緒に歩いて、突然小黑はまた道路を横切って向こうの車線に戻っていってしまった。でも、僕は無理に小黑を連れていく気はなかった。こちらにもう帰ってこないことが分かると、心の中では少し安心して自分の道を前に進んだ。小黑にも自分で選ぶ自由がある。こうして、僕と小黑の短い中国徒歩横断の旅は終わった。小黑がなぜ僕に付いてきてたかは分からない。きっと長い道のりを歩いて行くことも知らなかっただろう。でも、これが小黑と僕のご縁だと思うのだ。

小黑と別れて、快調なペースで午前中は歩いていった。お昼を少し過ぎた頃には、すでに今日の目的地の街まで辿り着いて、軽めのお昼ご飯を食べた後、近くの広場で一休みすることにした。

f:id:SHIUN:20140704220636j:plain
街の広場になかなかいい休憩場所を見つけて、ここでお昼寝をした。

午後三時前に、空がゴロゴロと鳴り出した音で起きた。空を見ると歩いてきた方から暗くなりだして、冷たい風も吹きはじめた。これは一雨降り出すなと思い、そのまま小屋で雨が降るのを待つことにした。

すると、同じように雨が降るのを感知して、電動バイクを押した地元のおじさん二人が小屋に雨宿りしにきた。重い電動バイクを小屋の中に入れるのを手伝って、三人で雨が降るのを待った。

しばらく待っていると、ゆっくりと雨を蓄えた雲が近づいてきて、ついにポツポツと雨が降り出して、やがて大粒の雨に変わった。風も吹いてきて、壁のない小屋では雨を防ぎきれなくなり、近くにあったもっとしっかりとした建物の中に避難した。

さらに雨の勢いは増し、土砂降りの大雨になり、先に進まず留まる判断をしてよかった。

f:id:SHIUN:20140704222027j:plain
雨がまだ降り出す前の街並み。

f:id:SHIUN:20140704222133j:plain
大雨が降った後の道路は浸水して大洪水になった。

まだ完全に雨が止まぬうちに、旅館を探しにまた歩きはじめた。一緒に雨宿りをしていたおじさんから、このまま国道沿いを歩いていけば一軒の安い旅館があることを教えてもらい、その旅館を目指した。おじさんが言ってた距離よりだいぶ前に進んだが、その旅館をついに見つけて、今夜の宿が決まった。

f:id:SHIUN:20140704222821j:plain
外にはでっかいトラックが何台も止まっている。どうやらトラックの運ちゃん御用達の宿みたいだ。

f:id:SHIUN:20140704222911j:plain
四つベットが並んでいる部屋を独り占めで、一晩40元(650円)。

最近よく雨が降るなと思ったら、どうやら雨季の時期に入ったようだ。

晴歩雨読と悠々自適な旅をしていこう。


Total: 502.5 + 20.8 = 523.3km



しうんより