Shiunからの手紙

Live different.

バイクに乗った歌い手

Day 49:龙门(longmen)- 韩城(hancheng)= 18.9km

今日は朝6時15分に起き上がって、準備をして、部屋でまずブログを書き上げて、ロビーでネットをしながら朝食をとって、8時過ぎに出発した。

f:id:SHIUN:20140728084215j:plain
歩き出して、成都までしばらくの間またお世話になる国道108に戻ると、標識に西安の文字が。視覚的に大きな目的地の一つが、とりあえず文字だけでも見れてテンションが上がった。

しかし、別の县道202を使って今日の目的までいけることが判明して、国道から村を通り抜ける小道を歩くことにした。

その途中で通りがかった村に、お寺の観光地があって、せっかくなので行って見ることにした。

f:id:SHIUN:20140728085149j:plain
「晋照寺」元代のお寺で、ちょうど修復工事が終わったばかりみたいで特別に無料で中に入れた。

f:id:SHIUN:20140728085610j:plain
階段を登った上にお寺がある。

f:id:SHIUN:20140728085704j:plain
特に信仰心はないので、お参りはしない。それに、前に別のお寺で興味本位でお参りしたら、その後高い線香代を請求された経験もあるからだ。

他にも二人ほどお参りに訪れている人がいた。

f:id:SHIUN:20140728090001j:plain
f:id:SHIUN:20140728090020j:plain
巨大な線香でお参りする女性。
結構いい値段なはず。

f:id:SHIUN:20140728090409j:plain
他にもいきなり大量の爆竹が鳴らされ、どうやらお参りに来ていた女性の結婚祈願の一連の行事みたいだった。

このお寺に来てますます不思議に思ったのは、お寺の修復工事費用はどこから来ているのかという点だ。実際このお寺は近年で二回の修復工事が行われ、その工事費用は二回に渡って342万元と、820万元で合計1000万元以上かかったとお寺の修復工事説明に書かれていた。1000万元って日本円に換算すると1億6000万円ものお金が、比較的小さな村のお寺で一体どこから捻出されるのか。とても不思議に思った。相当な数がある中国のお寺ビジネスがどうなっているのか、少し興味を持った。

お寺巡りを終えて、再びお昼時を歩いていると、青年が乗った一台のバイクが止まり、同じ目的地の街のため、乗せてってくれることになった。

街に到着後、旅館まで案内してくれて、おかげさまで、お昼すぎには韩城市内に定着できた。

知らない人でも、一度ご縁があって出会えば友達になる。新しい友達に感謝。

Total: 884.6km



しうんより